改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

穴八幡宮

目的地を決めずに丸の内線から大江戸線へ。ここまではふだんと同じです。ところが同じところに出かけても似たような写真しか撮れないだろうと何気なく牛込柳町で下車。夏目坂を下って早稲田から都電にでも乗ろうかと。たぶん前夜読んだ『鬼平犯科帳』が頭の隅にあったのでしょう。

途中で寄った穴八幡。2年ほど前に来たときも境内は工事中でしたが、どうも延々と工事が続いているように思えてなりません。早稲田通りと諏訪通りが交差する正面の階段からは前回も上がれなかったように記憶しています。昔は広い割には殺風景なところだったように思いますが、調べてみると空襲で焼失した楼門が1989年に再建されています。境内も整備されて綺麗になっているように思います。

この日は氏子が集まっている他は参拝客も少なく静かなものでしたが、22日の冬至には一陽来復のお札を求める人で賑わいそうです。

EOS 5D MarkII + SEKOR C 80mm/F1.9N (645)

b0123216_10322239.jpg




昨日記した色収差と色にじみが気になるレンズとはこのSEKORです。拡大してみるとよく判ります。また点光源が魚の目状のボケになるのが特徴に思えます。何でもない木漏れ日も芯のあるボケとなっています。ただし解像力には凄いものがあり合焦部は先鋭です。
b0123216_10324693.jpg
b0123216_1033344.jpg
b0123216_10332582.jpg
b0123216_1033421.jpg
b0123216_10335637.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2009-12-14 10:42 | EOS 5D MarkII