改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

隅田川(2)

昨日の続きです。

6X7のフォーマットは面積が大きく、ネガでも迫力があるのですが(ポジならもっとでしょう)、カメラ自体が大きいのである意味当然かもしれません。同じ6X7のフォーマットであるMAMIYA7やMAKINA67はRFですからここまで大きくありませんが、SLRですとミラーボックスやプリズムなどの構造からどうしても巨大なものになってしまいます。

RB67はよくできたものであの図体でありながらミラーショックがそれほど大きくはないのですが、PENTAX 6X7は結構なミラーショックが生じます。所有のものはミラーアップ搭載モデルですが、初期モデルでも非搭載のものがあるようです。搭載したところで三脚使用が前提となります。

大きなペンタプリズムを搭載しながらファインダー視野率が約90%であることも難点かもしれません。今回撮影したコマの中にも「あれ?」と思えるものがありました。ある程度の確信を持って蹴ったつもりのものが入り込むのは気分がよくありません。

それでも正立正像のファインダー像は見ていて気持ちがよいものです。6X7のファインダーは105mm/F2.4装着時でもやや暗く感じますが、最終モデルの67IIですと明るさが約60%もアップしているとのことなので、ファインダーに拘るのであればそちらを選択すべきでしょう。中古でもまだ価格は高めですが。

PENTAX6X7 + SMC TAKUMAR 6X7 105mm/F2.4 400TX(1・2枚目) 400TMY-2(3枚目)

b0123216_745090.jpg
b0123216_744524.jpg
b0123216_7441446.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-05-21 08:13 | PENTAX67