改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

井の頭公園の紫陽花

こちらは昨日の井の頭公園。紫陽花は池の周囲にポツポツと咲いているのですが、株がまとまってあるのは七井橋を渡った南側、ボート置き場の前あたりです。

公園内の株は色が同一傾向です。赤がありませんでした。ということは土壌が酸性であるのかというと必ずしもそれだけの理由ではないようです。他にもアルミニウムイオン量、開花からの日数による発色の変化があるようです。個人的には咲き始めなら白、青、赤のどれでも綺麗だと感じます。

EOS 5D MarkII + EF100mm/F2.8L MACRO IS USM

b0123216_8231969.jpg
b0123216_8235162.jpg
b0123216_8262656.jpg




100 MACROのボケ変化。開放よりもF4~F4.5くらいのほうが無難でしょうか。距離と背後の光の状態によってはF6.3~8でも十分だと思います。ボケをとるのか、花の見え方をとるのかで絞り値を選びたいですね。ただし絞り羽根が9枚あっても真円にはならず、多角形ボケを感じさせるので注意が必要です。

F6.3
b0123216_8242018.jpg

F4.5
b0123216_825630.jpg

F4.0
b0123216_8243317.jpg

F2.8
b0123216_8244588.jpg


おまけは池の周囲の他の植物。菖蒲はちょうどいまが見頃です。これは池の東端、水門橋付近です。
b0123216_8263624.jpg
b0123216_8264395.jpg
b0123216_8264971.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-06-09 08:50 | EOS 5D MarkII