改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

井の頭公園(5)

135mmの続きです。

私はテレビを持っていませんので徹夜はしませんでしたが(笑) 今朝は眼をしょぼつかせながら、欠伸を堪えながら出勤、通学された方々が多くいるのでしょう。始まる前には監督の再任(または留任)は絶対ないと、事実ご本人もそう云っていたのに、決勝トーナメントに進出されると今度は切る理由を探すのに困るのでは?(笑) 

さて昨日、コメント欄でも書きましたが135判の135mmは6X6判に換算するとほぼ250mmになります。6X6判で250mmは持っていませんのでどういう感じか判りませんが、200mmでも長いと思っているのでまず取り回せないでしょう。せいぜい150mmくらいまでがよいところで、それ以上のレンズは持ち出そうという発想が湧いてきません。長い焦点距離で所有しているのはブロニカS・EC用の200mm、それとSQ用の200mm。6X7ではRB67用の250mmがありますが、とりあえず持っているだけでまともに写したことはありません(^^;)

135判の135mmで撮っているときに、ファインダーを覗いて画角が気になることはありません。違和感はあまりなし。気になるのは低速でのブレくらいですし、開く場合がほとんどですので背後のボケも得られることが判っていますから、点光源の位置を注意するくらいです。むしろ寄りたいときに思うように寄れないことのほうが気になります。FD用のチューブまたは中間リングは注意していませんでしたので、ジャンクであるようなら探してみましょう。

CANON F-1 + NFD135mm/F2.8 400TMY

b0123216_8573238.jpg
b0123216_8574098.jpg
b0123216_8574720.jpg
b0123216_10284879.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-06-25 08:58 | CANON SLR