改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

カテゴリ:FinePix4500( 1 )

井の頭池狛江橋付近

2年ぶりで持ち出したFinePix4500。部屋の隅から出てきました (; ̄ー ̄川

1/1.7型スーパーCCDハニカム 原色フィルター240万画素、記録画素数最大2400×1800ピクセル。レンズは単焦点のSUPER FUJINON 8.3mm/F2.8。記録メディアはスマートメディア。64MBでも2400×1800・FINEでは36枚しか撮れません。銀塩135と同じ感覚ですね。発売が平成12年10月ですから10年前。DSLRだとニコンのD100、キヤノンのEOS 1Dsが発売された年です。コンデジではニコンのCOOLPIX990が発売された年ですから200~300万画素が主戦場だったころです。

メーカーは10年後のユーザーを想定していたのでしょうか? 支障なく使えているのには電源がバッテリーではなく単三電池2本ということが大きいですね。まったく問題なく動作しています。

実際に使用するとファインダーはクリアですが小さいわ、背面液晶は1.8型の11万画素でかつ日中屋外の視認性は最悪とか・・・いまとなってはコンデジ版「写ルンです」のようなものですね。それでもWEB用途でしたら画像の問題もないでしょう。

以前の記録を見て単焦点のくせに樽型の歪曲が大きいことを思い出しましたが、こういうことは2年も経つと忘れています。建物を入れた構図をあまり撮らなくて正解でした。今後も5D MK2では機材が重たくなるときに使おうかなと思っていますが、たぶんまた部屋の隅で埋もれることになるように思います (-_-;)

FinePix4500 (SUPER FUJINON 8.3mm/F2.8) ※2枚目は神田川夕やけ橋付近

b0123216_10184148.jpg
b0123216_10184936.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-02 10:19 | FinePix4500