改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

玉川上水ほたる橋付近(1)

週末も雨続きで散々ですが、花粉の飛散量が少なくなるのは助かります。あとはインドアで撮れるところが有ればよいだけです。が、ありません・・・(-_-;)

昨日、勘が戻ったかなと記したTRI-Xの1枚。「こういうネガをつくりたい」という基準内に収まってくれました。ただしこれは私だけの話であって他の人に通ずるかは別です。後はプリントするだけですが、もう少し暖かくなってから行います。上手く焼けるかどうかは判りません(笑)

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TX

b0123216_2122643.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-28 09:59 | ROLLEIFLEX

神代植物園(4)

気づいてはいたのですがローライで撮るのも久しぶりなのです。昨年は1月に何本か撮って以降、ここまでに2本だけ。正確には撮りきれずに装填したままであったものを含めても、この1年間で5本程度しか撮っていません。要はそれくらいフィルムで撮らなかったのです。

ウェストレベルファインダーを覗くのも久しぶりですからなかなか勘が戻らない。この場合の勘というのは技術的なものではなく感覚的なものですね。撮影結果がイメージできるか、ということです。以前はこうしたイメージを浮かび上がらせる行為に苦労もしませんでしたが、ブランクはそうした勘を危うくさせます。フィルムの面白さ、充実感というのはイメージ(撮影)が実際のネガ(現像)と合致したときで、水洗中のネガを手にして1コマ、1コマずつ眺めるときが判定が下るときだったりします。

そうした勘が少し戻ってきたかなと思えたのは一昨日にTRI-Xで撮り現像したときです。勘を戻せるかどうかは継続して撮れるかどうかにかかっています。少なくとも月に10本程度は撮らなくてはダメでしょうね。

ROLLEIFLEX 2.8C Xenotar 80mm/F2.8 400TMY-2

b0123216_9552229.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-27 10:01 | ROLLEIFLEX

神代植物園(3)

昨日は午後から風が強くなりましたが春一番だったようですね。 「1、2、3、ダーッ!」 (笑)

暖かくなるのは嬉しいのですが今週あたりから本格的に花粉が飛散しているようで鼻は例年のとおり、昨日は眼が痒かったです。この2、3年で眼に症状が出るようになりましたが(いまも痒い)、あと2カ月ほどは我慢しなければいけません。ふだんはマスクを付けている方々がファインダーに入り込むのを嫌っていますが、撮影者自身もマスクをしないとダメそうです。眼の場合はゴーグルか・・・(-_-;)

最近、何度か出かけている神代植物園ですが、いまは梅と寒桜、温室以外で見られる花はなく、バラ園も工事中だったりします。それでいて入園者もほどほどにいるのは、春を待ち焦がれる思いゆえかもしれません。なかなかシーンを拾えないので水の流れへの映り込みとか、撮る方も必死なわけですが・・・(^^)

ROLLEIFLEX 2.8C Xenotar 80mm/F2.8 400TMY-2

b0123216_861395.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-26 08:32 | EOS 5D MarkII

深大寺

たぶん1年ぶりくらいで撮影する2.8C。DSLRのファインダー(かつAF)で慣れきった眼にウエストレベルファインダーを慣らすには少々時間が要るようです。フィルムと現像も、どうもなあ・・・

ROLLEIFLEX 2.8C Xenotar 80mm/F2.8 400TMY-2

b0123216_10574945.jpg
b0123216_10591268.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-25 11:01 | ROLLEIFLEX

井の頭自然文化園分園(2)

武蔵野市には境浄水場がありますが、これは東京都の施設でありここから市内へは給水されていません。市内27カ所にある深井戸から汲み上げたものと、利根川水系・多摩川水系からの河川水(東京都管理)で市内へ給水しているようです。私は深井戸からの水だけだと思っていましたが、東京都の水も利用しているのです。

調べてみると地下水による市内給水の開始が昭和29年。どうも市内全域へ給水域が拡大されることで地下水だけで賄うことができなくなり、昭和47年から東京都の河川水を利用しているようです。ですので小学校3、4年生の頃に市について教えられた時点では全量地下水からの給水であり、記憶に間違いはなかったのです。

市内には浄水場が2カ所。大野田(北町)にある第一と桜堤にある第二。ここから市内全域へ給水されるのですが、地下水が約7割、河川水が約3割。この比率がどのように変動してきているのかは判りません。将来的には地下水の占める割合が下がっていくのでしょうか?

EOS 5D MarkII + ZUIKO AUTO-T 100mm/F2.8 (OM)

b0123216_833591.jpg
b0123216_8332670.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-24 08:33 | EOS 5D MarkII

井の頭自然文化園分園(1)

武蔵野台地は地下水が豊富であることが知られていますが、これは「武蔵野台地の基盤が扇状地のために、一般に扇状地の中央部では川は地表を流れずに地下水となることが多いことによるもの」(武蔵野台地と野川公園)だそうです。井の頭公園、石神井公園、善福寺公園の水源である湧水も、地下水が地表部に湧きだしたものです。

ところが開発の影響でいまや3つの池では湧水が枯渇し、地下水をポンプで汲み上げているのが実状です。外環の延伸計画(大泉JCT~東名JCT)ではこの3つの池付近の地下にトンネルを掘削するのですが、地下水脈は寸断されるでしょうから地下水の状態は大きく変わりそうです。住宅にある災害時使用を前提とした井戸もいざというときには水が枯渇していた・・・ということがありうるかもしれません。

工事も当初の地下40mではすまないらしく、最深部は地下70mになるようで工法も難しいようですね。たしか政権交代後に執行停止・凍結した外環の予算も、2010年度予算では数十億円規模で復活しているようです。地域では反対運動も起こっていますが用地買収も進んでいるようで、今後どのように展開するのか気になるところです。

EOS 5D MarkII + ZUIKO AUTO-T 100mm/F2.8 (OM)

b0123216_1026532.jpg
b0123216_1027040.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-23 11:00 | EOS 5D MarkII

お鷹の道

国分寺崖線の湧水に沿う遊歩道がお鷹の道。豊かな湧水のようで調布や世田谷を流れる野川の源流にもなっています。ホタルの生息地のようでカワニナを保護する注意書きが見られます。住宅地を流れているのですが透明度は高く管理がしっかりしていることを感じます。

EOS 5D MarkII + EF50mm/F1.2L USM

b0123216_7573460.jpg
b0123216_757454.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-22 08:02 | EOS 5D MarkII

殿ヶ谷戸庭園

昨日は古多摩川の流れがつくった武蔵野台地の段丘崖である国分寺崖線を訪ねてみました。

JR国分寺駅は一度しか降りたことがなく周辺事情も判っていませんでしたが、南に国分寺崖線が走っているものですから勾配が多いのですね。初めに駅からすぐの殿ヶ谷戸庭園を訪れたのですが、ここも崖線の勾配と湧水を活かした造りで見事なものでした。ただし時季がよくなかったようです。アングルもなかなか手強く周囲の建物を蹴るのが難しいところです。撮れたのは数カットのみ・・・(; ̄ー ̄川

EOS 5D MarkII + EF50mm/F1.2L USM

b0123216_8561135.jpg
b0123216_8562025.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-21 08:57 | EOS 5D MarkII

吉祥寺中道通り(5)

2月に入ってから灰色の空が多かったので、今朝のように青空が広がるのは実に気持ちがよいです。今日はぜひとも銀塩で撮りたい。問題はいつもと同じ。「どこに出かけるか?」  難問です (; ̄ー ̄川

EOS 5D MarkII + G.ZUIKO AUTO-S 55mm/F1.2 (OM)

b0123216_9244527.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-20 09:25 | EOS 5D MarkII

蜜柑

昨日は午後から晴れ、気温も少し上がっていましたので、善福寺川緑地の河津桜を見てきました。

しかし樹高3mほどの若木が1本のみ。花弁や蕾の数も多くありません。10年後にはそれなりに見られる姿にはなっているかもしれません。写真も冴えないものばかりでした。代わりに近くにあった蜜柑の樹を。今年、桜の撮影は控えようと思います(^^)

EOS 5D MarkII + EF100mm/F2.8L MACRO IS USM

b0123216_8321518.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-19 08:32 | EOS 5D MarkII