改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

東京都写真美術館

昨日は恵比寿でジャンルー・シーフ展森村泰昌展とをじっくり観てきました。

前者は未発表作品にウェイトが置かれているようですが、やはり『Harper's Bazaar』などでの見慣れた広角ポートレートに惹かれます。プリントも結構と焼き込んでいるのですね。バラ板の美しさが際立ちます。

後者は浅沼刺殺事件やコペンハーゲンでのトロツキー演説写真(キャパ撮影)などプリント期待でしたが、むしろ映像が面白かったです。映像は全部で7~8点(?)ほどあるのですが、作者のメッセージが色濃く出ていて秀逸です。

写真展を観ると自分のプリントが気になるのは毎度のこと。まだ気温が低いので暗室よりは明室で・・・ということでここのところインクジェットでプリントしているのですが、所有のプリンターはアウツです。色がテンでダメ(-_-;) PX-5600を本気で検討するかなあ・・・

EOS 5D MarkII + EF50mm/F1.2L USM

b0123216_8543733.jpg
b0123216_8512547.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-31 08:55 | EOS 5D MarkII

江戸東京たてもの園(2)

昨日は昼間ラジオを聴いていると、浜松町では霙が吹雪いているとアナウンスしていました。都内でも雪が舞ったところもあったのではないかと思われます。4月を目前にしてのこの寒さは少し異常と思っていますが、これも甚だあてにならない記憶によりますから、実際のところは過去に何度かあったのかもしれません。

陽が降り注いでいるとはいえまだ気温は低いですが、快晴の火曜日は久しぶりだと思います。今日はお昼頃から動こうかと思っています。動く・・・だけになるでしょう(笑)

EOS 5D MarkII + SP AF 17-35mm/F2.8-4 Di LD Aspherical (IF)

b0123216_9575581.jpg
b0123216_9581288.jpg
b0123216_9582566.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-30 09:55 | EOS 5D MarkII

江戸東京たてもの園(1)

2週間前の日曜日です。ここもたしか4回目くらいの訪問になりました。この日は電車で行こうとしながら途中で引き返し、自転車を引っ張り出して向かっています。当宅からですと、ゆっくり漕いで1時間くらいでしょうか。昼過ぎに到着しましたが例によって駐車場は満車。誘導員が駐車場外まで誘導していました。井の頭公園や小金井公園へ車で出かけるのなら早朝か平日ですね。

写真のほうは例によって例のごとし。いつも気になるところでしか撮っていません。わりと暖かな日中でしたが花粉の飛散もあってそれほど撮ってはいません。2時間もいなかったと思います。帰りに入口横にある図書ブースで江戸東京関連の書籍を閲覧。東京都公園協会発行の公園概要など知らないものがありました。数冊を1時間ほどでざっと見て帰路につきました。

桜堤あたりの玉川上水に植生するシュロが大きな株になっています。小金井の桜並木として昔から有名なところですが、亜熱帯の光景のようでちぐはぐな感あり。管理は東京都水道局でしょうが、どうも伐採する考えではなさそうですね。

EOS 5D MarkII + SP AF 17-35mm/F2.8-4 Di LD Aspherical (IF)

b0123216_8171548.jpg
b0123216_8172367.jpg
b0123216_8172956.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-29 10:54 | EOS 5D MarkII

高井戸IC

環八中の橋交差点から西に少し入った地点です。超広角なので遠近感を活かした構図を考えたところ、こうした巨大建造物が手っ取り早いかなと・・・。空は薄曇りで光線は期待できなかったのですが、ACROSを詰めて長めの露光時間を試してみました。

この日の光ですとEI50に設定して30sec程度の露光時間になります。ストップウォッチを携行するのを忘れたので勘で撮りましたが、それほど大きく外れていないでしょうし、ネガの許容範囲です。

日中ですとそれほど交通量は多くないのですが、それでも視界から途切れることはなく、走行車がない状態で撮るのは骨が折れます。ところが露光時間が長い場合は走行車もはっきりとネガには残りません。僅かに道路上に影のように記録されるだけです。

そういうわけで1・2枚目はそれなりに走行車があるのですが姿を焼き付けることはできませんでした。3枚目も歩行者が奥や端にいるのですがネガには残りませんでした。このへんは好みがあるようで、僅かながらでも車や人の影が残るように撮影する方もいるでしょうね。夜間ですともっと長い露光時間になりますが、走行車の光跡が残るのでこれも面白いだろうと思います。でも1コマ10分、15分の撮影で12コマ撮り切るのは苦行ですねえ(-_-;)

ZERO 2000 Deluxe + 100 ACROS

b0123216_10122857.jpg
b0123216_10123635.jpg
b0123216_101243100.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-28 10:16 | ZERO 2000

国立新美術館(6)

国立新美術館も今日で最後にしておきます。

さて、ここのところの雨と冷え込みでソメイヨシノの開花は停滞気味ですが、3月下旬といえばかなり暖かくなるころなのに今年は天候不順なのか? と思って1年前の記事を見ると、やはり雨が降って冷え込んだとか、ソメイヨシノも一部が開花したとの記事でした。これだから記憶はあてになりません。

善福寺川緑地のソメイヨシノも昨日の状態ですと一分咲きです。今日から空は回復しそうですが来週中頃まで気温が上がりませんので、花見頃は4月第一週の土日くらいかもしれませんね。東京都の小中学校入学式は4月5~7日に行われるようです。今年はなんとか花が持ってくれるとよいのですが。

EOS 5D MarkII + SP AF 17-35mm/F2.8-4 Di LD Aspherical (IF)

b0123216_9281796.jpg
b0123216_9283276.jpg
b0123216_928514.jpg
b0123216_929388.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-27 09:33 | EOS 5D MarkII

国立新美術館(5)

DSLR編でまだ続きます。

ピンホールのときもローライのときも、一応はMKIIを携行しています。ピンホールのときは三脚のセッティングやら作業が多いのでMKIIでの撮影は露出計代わりにとどまりました。リズムが合わないのです。

3.5Fで撮ったときは妙にリズムが合ってどちらでも満遍なく撮れたのが不思議です。3.5Fのオートマットやセルフコッキング、ファインダーの見え方などもリズムを合わす要素になっていると思います。

仮に赤窓仕様、シャッターチャージが別で、合焦が辛いTLRですとこうはいかないでしょう。フィルムで撮ることに慎重になり撮影枚数が少ないか、フィルムでの撮影が面倒になりデジタルオンリーになるでしょう。

三者を較べてみると、ピンホールは別として(笑)フィルムとデジタルの写りはどちらもなかなかやってくれます。毎回、このようにバランスよく両者で撮れると楽しいのですが、このときはMKIIにはレンズ1本きりでした。もし交換レンズを他に携行していたらこうはならなかったでしょう。そういう意味では信頼できるズームレンズの存在は助かります。もっともこの17-35mmも歪曲があるので、このときも28mm付近に固定して撮ったものが多かったです。

EOS 5D MarkII + SP AF 17-35mm/F2.8-4 Di LD Aspherical (IF)

b0123216_7551864.jpg
b0123216_756352.jpg
b0123216_7561670.jpg
b0123216_7562958.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-26 08:14 | EOS 5D MarkII

国立新美術館(4)

撮りに行ける日なのに雨が降っています。かつ寒い (-_-;) 撮りに行けない明日は晴れのようですが、3月はこのパターンが非常に多くありました。気温が20°近くまで上がるのは来週中頃からのようですので、ソメイヨシノの花期が少しでも延びて入学式まで大丈夫であることを祈りましょう。

この日はここだけで4本撮っています。フィルムでの撮影リズムが戻ってきたようでペースも快調です。反対にデジタル撮影比率が落ちるのはやむを得ないでしょうね。

久しぶりに使った400PR。1年ほど前に期限は切れているのですが感度は問題がなかったようです。フィルムベースが薄くカーリングしやすい難点がありますが、仕上がりは悪くないですね。製造中止になったことが惜しまれます。

そういえば昨年、サミット・グローバル・グループがポラロイド製品の生産・販売権を5年契約で獲得していますが、オランダの閉鎖したポラロイドの工場設備を買い取り、元ポラロイドの技術者を集め、ポラロイドフィルムの再製造を行なうことを目的としているアメリカのImbossible Projectから2種類の製品が発表されました(デジカメ Watch)。SX700で撮られている方々には朗報でしょう。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400PR(1・2枚目) 400TMY(3枚目)

b0123216_10321742.jpg
b0123216_10303911.jpg
b0123216_10295611.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-25 11:02 | ROLLEIFLEX

国立新美術館(3)

先週はここに2回足を運んだのですが、撮影に熱中するあまりルノアール展、アーティスト・ファイル2010展は結局見ず仕舞い。また行けばよいか・・・という意識が働くのか、そもそも休日ですと観客の多さに入場が躊躇われます。

見終わって乃木坂駅に向かう人が迷うのが1枚目のデッキ奥。この先に出口が有ると思い撮影者の前を平気で横切って進みますが、行き止まりであることに気づくとバツが悪そうに引き返してきます。奥は行き止まりであるという掲示が手前にあるのですが気づきにくいのですね。さりとて大きな掲示を出すのは無粋です。次回は間違わないように・・・ということで許容してください(^^)

※ここの写真はIEですとジャギーが出るので、他のブラウザでご覧になるかクリック拡大してご覧ください。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TMY

b0123216_842761.jpg
b0123216_852022.jpg
b0123216_863257.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-24 08:33 | ROLLEIFLEX

国立新美術館(2)

外のデッキでチェア三態。

何度か来たことがある場所で撮る場合、同じような状況、構図で撮ることが多くなっています。前回の撮影がダメな場合はリベンジですし、前回の撮影がよかった場合はさらに上を狙う・・・という意識でしょうか。もちろんこれまでに気づかなかった新しい構図を見つけようとはするのですが、当然ながら見つかる場合と見つからない場合があります。これはそのときの視線というか目線というか、それにしなやかさが有るかどうかみたいな気がします。心の余裕がなければ見えるものも見えない・・・というところでしょうか。

久しぶりで400TMYを使いました。TMY-2ではなく旧タイプです。やはり現行品とは異なりますね。ヌメっとした独特の感じが現行品では出しにくいです。まだストックがかなりあるのですが、いざというときのために抱えこんでいます。とはいえ冷暗所で保存をしていても時間の経過とともに感度も落ちるでしょう。適当なタイミングで撮りきろうと思います。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TMY

b0123216_102079.jpg
b0123216_9352062.jpg
b0123216_9352841.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-23 10:03 | ROLLEIFLEX

国立新美術館(1)

2回目の撮影は国立新美術館。夕暮れ時の館内はかなり暗くて測光を誤りました。3枚目はまだよかったほうで掲載しなかったものは2段くらい足りない感じでした。それでもアンダー目のほうがピンホールの個性が出るようで好ましいかもしれません。

ところでここは三脚使用禁止でした。誰もいないデッキで撮っているとツカツカと警備員が寄ってきて、三脚使用の撮影はダメだと注意をされました。ということで手持ちなら大丈夫です(^^;)

ZERO 2000 Deluxe + 400TX

b0123216_7595365.jpg


続きはこちらで・・・
[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-22 08:00 | ZERO 2000