改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

タグ:Planar 75mm/F3.5 ( 5 ) タグの人気記事

国立新美術館(4)

撮りに行ける日なのに雨が降っています。かつ寒い (-_-;) 撮りに行けない明日は晴れのようですが、3月はこのパターンが非常に多くありました。気温が20°近くまで上がるのは来週中頃からのようですので、ソメイヨシノの花期が少しでも延びて入学式まで大丈夫であることを祈りましょう。

この日はここだけで4本撮っています。フィルムでの撮影リズムが戻ってきたようでペースも快調です。反対にデジタル撮影比率が落ちるのはやむを得ないでしょうね。

久しぶりに使った400PR。1年ほど前に期限は切れているのですが感度は問題がなかったようです。フィルムベースが薄くカーリングしやすい難点がありますが、仕上がりは悪くないですね。製造中止になったことが惜しまれます。

そういえば昨年、サミット・グローバル・グループがポラロイド製品の生産・販売権を5年契約で獲得していますが、オランダの閉鎖したポラロイドの工場設備を買い取り、元ポラロイドの技術者を集め、ポラロイドフィルムの再製造を行なうことを目的としているアメリカのImbossible Projectから2種類の製品が発表されました(デジカメ Watch)。SX700で撮られている方々には朗報でしょう。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400PR(1・2枚目) 400TMY(3枚目)

b0123216_10321742.jpg
b0123216_10303911.jpg
b0123216_10295611.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-25 11:02 | ROLLEIFLEX

国立新美術館(3)

先週はここに2回足を運んだのですが、撮影に熱中するあまりルノアール展、アーティスト・ファイル2010展は結局見ず仕舞い。また行けばよいか・・・という意識が働くのか、そもそも休日ですと観客の多さに入場が躊躇われます。

見終わって乃木坂駅に向かう人が迷うのが1枚目のデッキ奥。この先に出口が有ると思い撮影者の前を平気で横切って進みますが、行き止まりであることに気づくとバツが悪そうに引き返してきます。奥は行き止まりであるという掲示が手前にあるのですが気づきにくいのですね。さりとて大きな掲示を出すのは無粋です。次回は間違わないように・・・ということで許容してください(^^)

※ここの写真はIEですとジャギーが出るので、他のブラウザでご覧になるかクリック拡大してご覧ください。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TMY

b0123216_842761.jpg
b0123216_852022.jpg
b0123216_863257.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-24 08:33 | ROLLEIFLEX

国立新美術館(2)

外のデッキでチェア三態。

何度か来たことがある場所で撮る場合、同じような状況、構図で撮ることが多くなっています。前回の撮影がダメな場合はリベンジですし、前回の撮影がよかった場合はさらに上を狙う・・・という意識でしょうか。もちろんこれまでに気づかなかった新しい構図を見つけようとはするのですが、当然ながら見つかる場合と見つからない場合があります。これはそのときの視線というか目線というか、それにしなやかさが有るかどうかみたいな気がします。心の余裕がなければ見えるものも見えない・・・というところでしょうか。

久しぶりで400TMYを使いました。TMY-2ではなく旧タイプです。やはり現行品とは異なりますね。ヌメっとした独特の感じが現行品では出しにくいです。まだストックがかなりあるのですが、いざというときのために抱えこんでいます。とはいえ冷暗所で保存をしていても時間の経過とともに感度も落ちるでしょう。適当なタイミングで撮りきろうと思います。

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TMY

b0123216_102079.jpg
b0123216_9352062.jpg
b0123216_9352841.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-23 10:03 | ROLLEIFLEX

玉川上水ほたる橋付近(2)

早いもので3月に入りました。2月は天候が悪かったこともあってたいして撮れなかったのですが、数えてみるとフィルムで8本、デジタルは5回の撮影でした。フィルムとデジタルを同時に携行していくとどちらか一方での撮影に偏りがちで、なかなかバランスよく撮ることができません。意識を切り換えるのが難しいですね。現時点ではフィルムでの撮影に軸がやや傾いていて、これくらいのほうが撮り分けるときによいかもしれません。

先日はローライとマミヤCを持って出たのですが、銀塩2台というのは最近では珍しいです。たまたまこのシーンでは両者で撮り較べてみたのですが、結果、画角や深度は異なれど同じような印象の写真をつくることができますね。精緻な差異はこの際置いておくとして、撮影機材よりも撮影法やフィルム、現像法が及ぼす効果のほうが大きいように思います。ただしすべてのシーンが同様ではないでしょう。カラーではもっと差が大きいように思えますし、開けばなお・・・でしょうか。

1枚目・・・ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TX
2枚目・・・MAMIYA C220 + SEKOR 55mm/F4.5 400TX

b0123216_116148.jpg
b0123216_1161387.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-03-01 11:09 | MAMIYA C

玉川上水ほたる橋付近(1)

週末も雨続きで散々ですが、花粉の飛散量が少なくなるのは助かります。あとはインドアで撮れるところが有ればよいだけです。が、ありません・・・(-_-;)

昨日、勘が戻ったかなと記したTRI-Xの1枚。「こういうネガをつくりたい」という基準内に収まってくれました。ただしこれは私だけの話であって他の人に通ずるかは別です。後はプリントするだけですが、もう少し暖かくなってから行います。上手く焼けるかどうかは判りません(笑)

ROLLEIFLEX 3.5F Planar 75mm/F3.5 400TX

b0123216_2122643.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-02-28 09:59 | ROLLEIFLEX