改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

タグ:SMC PENTAX645-A 150mm/F3.5 ( 5 ) タグの人気記事

表参道(4)

スキャンしたままでリサイズもしていなかった写真。2週間ほど前の表参道です。

渋谷川沿いに天現寺まで進んだ頃にポツポツときた雨が広尾で土砂降りとなり、30分ほどの雨宿りを余儀なくされました。その後空はカラリと晴れ、雨上がりの道を西麻布~表参道と歩くのですが、雨上がりでないと撮れない絶好のシーンに出会えました。

写真は表参道交差点にある交番裏のベンチなのですが、濡れた感じが印象的でした。西に傾き始めた太陽の反射をどこに置こうかと考えながら撮ったのですが、乾いているときには撮れない写真ですので、こういうときはラッキーだなあと感じ入ります。とはいえ雨上がりだから撮っているわけで、降雨の最中にいまの機材での撮影・移動は面倒ですね。

PENTAX645 + SMC PENTAX645-A 150mm/F3.5 400TMY-2

b0123216_8532744.jpg


続きはこちらで・・・
[PR]
by cucchi3142 | 2010-06-11 11:57 | PENTAX 135 SLR

西麻布(2)

最近の中古カメラ情勢を少し。

FD、NFD、MD、OMなどがマイクロフォーサーズ絡みで軒並み値を上げているのは既述したとおりです。買取価格も上がっているのかもしれませんが、この時代のものは外観やレンズの状態も程度がよいものは少なくなってきているでしょうから、美品であれば以前のように捨て値で売却ということはないのかもしれません。OMでは50mm/F2 MACRO、90mm/F2 MACROがどちらも数年前の水準に戻っています。美品であれば前者が5万円超、後者は7万円ほど。同じく50mm/F1.2は時たま見かけますが相変わらず足が速く、価格も3万円後半~4万円超。マクロほど高値ではありませんが堅調です。中野では以前はゴロゴロしていたOMレンズも最近では品薄状態です。一時は棚がガラガラでしたが、それで委託を始めたのかもしれませんね。

かたや135のボディ。ボロボロです(-_-;) とくにAF機は散々です。中判もほぼ似たようなものです。CONTAX645がだいぶ値を下げてきた印象がありますね。以前のような軽く10万円オーバーということはなくなっています。驚いたのがブロニカSQ-A、SQ-Aiです。この間ヤフオクでSQ-Aの標準セットが42000円! SQ-Ai+120フォルダでレンズなしが51000円! どこかで密かにブームが起きているのでしょうか?(^^;) 

ちなみにタムロンの修理状況はSQ-Aiのボディのみは修理可。アクセサリー類は既に部品払底があり補修できないようです。フォルダやファインダーなどでしょうね。SQ-A以前のものはボディ、アクセサリーとも修理不能です。機械式シャッターではなく電子式ですから、電気系統のトラブルが出るとアウトです。

機材が壊れるのが先かフィルムが調達できなくなるのが先か・・・余命どれくらいなのだろうと思いながらブロニカSQを使っています。PENTAX645も67も同じくシャッターは電子式なのですが、どちらも市場には豊富に在庫があり、かつ安価ですからこちらの故障は心配していません(^^)

PENTAX645 + SMC PENTAX645-A 150mm/F3.5 400TMY-2

b0123216_7493990.jpg
b0123216_7495245.jpg
b0123216_750859.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-06-02 08:44 | PENTAX645

西麻布(1)

雨上がりの西麻布交差点。4年ほど前にホブソンズのそばにある知人の店に一度だけ車で来たことがあるのですが、外苑西通りを進んだのか東通りだったのかそのときのルートをまるで覚えていません。首都高にも乗ったようなかすかな記憶が・・・。当時は都内の道をよく知らなかったこともあるのですが、最初の入院、2回目の入院とその前後の時期は極めて記憶が曖昧です。

しかしPENTAX645を2台というのは結構と苦行です。1台はやや細めのストラップを付けたのが失敗で、首や肩がかなり疲れました。純正かネオプレーン製のものでないと辛いですね。ネオプレーン製はブロニカSや5D MKIIで使っていますが、重量のある機材でも首や肩への負荷が違います。

フィルム機では最後のモデルとなった645NIIまで撮影中にフォルダが取り外せない仕様は変わらなかったわけですが、2種類のフィルムの使い分けを皆さんどのように済ましていたのでしょうかねえ。皆が皆、ボディを2台持っていたわけではないでしょうから。15枚撮りきってから交換するのではタイミングを逸します。

数年前までは初代のボディでもかなり高価でしたが、いまでは1万円くらいで入手できます。壊れたときのために・・・こうやって増えたボディが他にも多いのですが、PENTAX645の場合はこれがまた結構とタフで滅多に故障しません。ジャンクで3150円だったボディもミラー室のモルト(これがまた交換し辛い)以外はなんの問題もなく稼働しています。

PENTAX645 + SMC PENTAX645-A 150mm/F3.5 400TMY-2

b0123216_2254499.jpg
b0123216_22541196.jpg
b0123216_22541724.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-06-01 08:32 | PENTAX645

西麻布~表参道

先週の木曜日、午前中は晴れ間もあり日射しもそれなりに強かったのですが、夕方からにわか雨という予報が前倒しとなり2時過ぎには集中豪雨(-_-;) ちょうど天現寺から広尾方面へ向かっているところで雨宿りを余儀なくされました。その後、雨上がりのよい光景を撮ることができたので結果オーライでしたが。

この日は光の具合が気になってISO100と400のフィルムを持ち、かつPENTAX645のボディは2台携行(^^;) 実はフィルム装填中は遮光されない構造なのでフォルダ交換ができません。感度の違うフィルム、カラーとモノクロで両方撮る場合はフォルダのためにボディまでもう1台持っていかなければなりません。ここがブロニカETRやMAMIYA645と異なりPENTAX645の不便なところです。

この日は1台に75mmを付け、もう1台には150mmと45mm。かつ感度が異なるフィルムを装填しているのでレンズを頻繁に交換した・・・かというと面倒でそういうことはなく(^^;) 光と速度を気にしながらどちらかで撮ったような按配でした。

PENTAX645のMFレンズは75mmの上が120mmまで飛びその間が有りません。広角が35・45・55mmと10mm刻みで用意されているのと好対照です。120mm以上の焦点距離は135mmでレンズシャッターがあり、後は150・200mmとなります。長焦点距離は単焦点よりも80-160mmなどのズームを選ぶ方が多いのでしょうか。

この150mmはあまり人気がなく安価で入手できるのですが、写りも悪くなく120mmよりもかなり小さいので取り回しが楽でした。使い勝手がよいレンズです。こうなると200mmも・・・(^^;)

PENTAX645 + SMC PENTAX645-A 150mm/F3.5 400TMY-2

b0123216_8382737.jpg
b0123216_8383676.jpg
b0123216_838501.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-05-31 08:43 | PENTAX645

表参道(3)

ここのショーウィンドウは少し前にもSQ-A+PS150mmで取り上げています。マネキンの艶めかしい脚狙いもありますが、実はレース様の服生地に惹かれてだったりします。この間、機材を変えてしつこく撮っています。

ショーウィンドウに照明があるのですが、それでも日中と夜では雰囲気がかなり異なります。日中の柔らかい感じも捨てがたいですし、陰影のついた夜も面白い。また時間と機材を変えて撮りに行こうと思います(^^)

PENTAX645 + SMC PENTAX645-A 150mm/F3.5 400TMY-2

b0123216_22594399.jpg


EOS 5D MarkII + EF100mm/F2.8L MACRO IS USM

b0123216_2332788.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2010-05-30 08:37 | PENTAX645