改訂新版増補改題◎◎研究序説試論草稿

晩秋の井の頭公園(2)

井の頭公園には最低でも月に1回は出かけています。この時季は週に1回くらいでしょうか。夏には出かけたところでまるでシャッターが切れず池を一回りしてすごすごと退散したことが何度もありました。緑が濃いとシャドウが多くなりますし、夏の日差しは強いハイライトとなります。厳しい時季に無理に撮らずとも、撮れる時季に撮れば・・・でしょうか。

逆光ではフレアを感じますが、まあこんなものでしょうね。500C/Mには内面反射対策が施されていませんから、バルパス材が貼られた503CXなどでは多少軽減されるのかもしれません。

HASSELBLAD 500C/M + CF Distagon T* 60mm/F3.5 400TMY-2

b0123216_863765.jpg




2枚目はいま多くの公園で遭遇する光景。三脚を立てて撮る行為も同じでしょうが、人の通過ならば待つであろう私にも半ば占有されている状況ではお手上げです(^^;) イーゼルにせよ三脚にせよそうした光景になるち中高年世代が槍玉にあげられますが、実際のところ見苦しい行為は世代を問わず存在していると思います。とかく没頭していると己の行為には気づかないものです。 
b0123216_8123840.jpg
b0123216_811512.jpg
b0123216_811167.jpg
b0123216_8115528.jpg
b0123216_812848.jpg
b0123216_8112954.jpg

[PR]
by cucchi3142 | 2009-12-04 08:37 | HASSELBLAD